まるさんかくしかく(仮)

日々の感じたことや本、映画の感想などを書いていこうと思います。

いろんなものが通り過ぎていく

気づけば7月です。七夕は大雨で残念でした。というか雨がほんとすごかった。
雨があがって今日は青空で、夕方の長く連なった雲がうっすら空に映ってて天の川のようでした。金星も光ってます。会いたい人には会えず。

 

 

f:id:saenko61:20180702195322j:plain

 

二匹の獣には会いました。

 

 

 

爬虫類も毎日のようにきます。

f:id:saenko61:20180630222510j:plain

来たらびょんびょん跳ねてる音がするのですぐわかります。

 

 

ということで、書きたいことがまとめきれず写真でごまかすのコーナーでした。

雨ときどき晴れ。

 

f:id:saenko61:20180619204314j:plain

 

74節気と言って1年を74つの季節に分ける考え方があるのだが、そうするとだいたい4日ずつで季節がかわる。最近その感覚がわかるような、わからないような。
写真は通勤途中で見つけたもの。オレンジ色が珍しい感じだった。

 

 

そして夜は家の窓に羽蟻がびっしりひっついていた。

そんな夜更けに。

f:id:saenko61:20180620224659j:plain

※木のふちについてる白いのはゴミです。


最初クモかと思ったら爬虫類の手だった。この窓には羽蟻は一匹もいなかったのだが、去年はここにもたくさんいてそれを食べに来ていたのがいたのだが、まさかそれを知っているやつだろうか。全貌は見えなかったけれど一瞬きらりと光るつややかな目が見えた。

空が高くなってきて、雨上がりの夕空がとてもきれいな1日だった。

 

仕事でいつもではありえないほどたくさんの人と話をして、家に帰ったら気持ち悪くなった。極度の人見知りなのだが人は好きなのだが人見知りなのだ。





 

枯れたお知らせ

うちの多肉、夕映えさんが枯れた。たった一夜のことだった。
朝見たときはもう少し形が残っていたのだが仕事から帰ったらこの状態だった。

以前

f:id:saenko61:20180507212521j:plain

 

今日

f:id:saenko61:20180613205717j:plain

 

今にして思えば原因ははっきりしてる。一つは週一でやっていた水やりを土が乾いていたのが気になって途中で追加してあたえたことと、ここ数日雨続きでただでさえ日当たりが悪かったのにさらに部屋の日当たりが悪いところに置いてしまっていたことだ、と思う。本やネットで病気について見ていても実際なるとなかなかショックである。


この鉢をくれた知り合いのお姉さんは外で多肉を育てていて、そこからきた土の排水性がうちの他の土に比べるととてもよかった。
私は外に置く場所がなかったので部屋の中で育てていたのだが、水受け皿に水がってしまう状態も良くなかったのかもしれない。

ほかのも心配だが、あまりあれこれはできないのでとりあえず日当たりのよいところにやり、様子見である。

かわいくて、梅雨

友人が見つけた雑草の中にまぎれていた多肉。

f:id:saenko61:20180610193415j:plain

 

そして

 

f:id:saenko61:20180610193429j:plain

花も咲いてた。なんて可愛い。
うちの新月に似ているのですが同じ種族なのかしら。新月も花が咲くとしてどのような花が咲くのか楽しみである。楽しみなことがまたひとつ増えた。

 

 

そして昨日、多肉の種類が九州最大級、という花屋さんにドライブがてら見に行った。

行ったところはこちら。

フラワーウッド(花と緑のある暮らし)様店舗紹介ページ|佐賀白石

見たことない多肉にサボテンにたくさんいた。そしてなんといってもでかい。すごくでかい。徒長ではなく、すごくきれいにただただでかい。
うちのの成長した姿も見ることができた。もはや別人のような雰囲気だった。

 

 

ということで新たにうちにやってこさせられた者どもを紹介したい。

 

f:id:saenko61:20180610192703j:plain

カランコエ属―天人の舞―
ネームプレートにはそう書いてあったのだが調べると「仙人の舞」や「金の卵」「銀の卵」などとも呼ばれてるよう。
これは一目ぼれだった。フェルトみたいな質感のおもしろさと、赤系の葉が好きな私にはドストライクだった。

 

 

f:id:saenko61:20180610192750j:plain

ユーフォルビア属―紅彩閣(こうさいかく)―
もはやサボテンなのでは、とつっこみたくなるが、立派な多肉らしい。真ん中の親分感がすごい。

 

 

こちらは道中寄ったホームセンターで手に入れたもの。

f:id:saenko61:20180610192828j:plain

セデベリア属―ファンファーレ―
一番好きなタイプの多肉である。透き通るような黄緑がとてもきれい。

 

一気に増えた。今年はこのメンバーでいきたい。
前に紹介したものも元気にしていて、でもまだ気を抜けない。

f:id:saenko61:20180610200351j:plain

もらった時はほぼ左右対称だったのが、なぜ片側だけピンと伸びてきてるのだろうか。もうちょい様子見である。

悲しみは終わらず、楽しいことは続かない。

ということで、タイトル、最初逆の方の意味で思いついてこれ名言になるんじゃない?と思ったのですが、いざ書いてみると逆にした方が現実味があって逆に良いような気がして今にいたります。でもその逆の方がポジティブでいいですね。

 

私がここ数年でよく思うのが、少なくとも私の世間では苦労しないと評価されないというような風潮につつまれているような気がしてなりません。その苦労の基準も人それぞれなのですが、楽してる人を攻撃して、誰も得をしない世の中にとって何の意味もないことが多々行われているような気がします。気がするだけですが。

といっても私も人やまわりと比べて考えたりしゃべったりしがちで、最近も進路を悩んでる妹に、私の知人で少し似た境遇の、でも妹よりも苦労してるだろう人を例にあげたら、ばっさり「それは別に引き合いに出すことじゃなくない?」と言われ、なるほど確かにと衝撃を受けた次第です。
妹の進路の参考のためとして話したのか、知人の方がえらいのだと妹を非難したかったのか。

 

世間体や法や規律に縛られるからこそ得られる自由がありますが、それを他人に押し付けるのは間違っているのではないかと。
私が見てきたそういう人たちはとても意識してやってるようにはみえなかったのですが、それで押し付けられた人が、その人のらしさまで消えてしまうのを見るのはなんともむなしいことで、引き合いにだした自分が言うのもなんですが、引き合いに出されるのもなんとも迷惑なこともあります。
相手にとって何が一番なのかよく考えなくてはいけないと思う今日この頃です。

 

話はがらっと変わりますが、最近イラストレーターのナガノさんにはまってます。ラインスタンプの「自分ツッコミくま」で有名な方です。ツイッターのイラストを見てると絵のモチーフのチョイスとか線の感じ、絵の質感がすごく好きです。エッセイ本も出されてるということでちょこちょこ読んでます。かわおもしろいです。

 

ねこくま、めしくま (角川文庫)

ねこくま、めしくま (角川文庫)

 

 

先日ガチャガチャも発見したのでやってみました。

f:id:saenko61:20180610184621j:plain

これは七味が好きな友人にあげようと思います。

 

黄色のおとも

今使ってるiphone5cがここ最近調子を悪くして、どうももうだめそうである。
今までありがとう。約3年毎日助けられた。

 

f:id:saenko61:20180528204211j:plain

この前掃除してたら前の携帯もが見つかったので一緒に。今使ってるスマホケースももう使えなくなるので一緒に。でこぽんもあったのでついでに一緒に。

 

携帯は黄色で揃えるようにしているのだが、30日からお世話になるiphone8は黄色がなかったのでゴールドにした。銀色の折り紙にオレンジを足すと金色の折り紙になるそうなので、一番黄色に近いかなと。 

(SIMフリー)MQ7A2J/A iPhone 8 64GB ゴールド(国内版)

(SIMフリー)MQ7A2J/A iPhone 8 64GB ゴールド(国内版)

 

 

iphoneケースはこちらを注文した。

 かわいい。届くのが楽しみである。

 

 

 

満月一歩手前、雨の中でも金色に輝いていた。右上に木星も。

f:id:saenko61:20180528205745j:plain